LiLy プロフィール
コラムニスト/作家
1981年11月21日生まれ
神奈川県出身
上智大学外国語学部卒
2004年 J-WAVE
ナビゲーターオーディション優勝
LiLy リアル
powered by ログピ
最新エントリー
Recent Comments
Archives
Feed

Thank you 〜my works〜




たくさんのコメントやメール、
本当にどうもありがとうございます。

嬉しくて、
何度も読んで、
私も涙しそうになりました。

本当に、ありがとう。

無事に赤ちゃんが生まれてきてくれるように、
そして、いい母ちゃんになれるように、がんばります!

『Be Bunny with LiLy』の中にも書いているけど、
(あ、また重版がかかりましたー。ありがとう!)

「女」と「母」は
 とても近くにあるけれど「別モノ」だから

「セクシーママ」を目指すんじゃなくて、
「えろい女」な部分と
「母ちゃん」な部分を

 どう「分け」て「両立」させるかが、
 カギだと思っているので、

 手探りしながら
 そのバランスを探って
 母ちゃん業も思いっきり楽しみたいな♪
 と思っている次第であります。

 そしてもちろん、仕事も!!

 それにしても、
 仕事と子育ての両立って
 本当に生まれてみないものには
 まったく想像がつかなくって。。。
 
 ニンプで仕事も、
 思っていた以上に大変で、
 いやー、改めて、
 世の母ちゃんたちリスペクト。
 



★最近の仕事★







今発売中の『GLAMOROUS』にて、
12ページにわたって
小説を書かせてもらっています。

TOYOTAさんとのタイアップで、
6人の女たちと、
それぞれの愛車にまつわる
ショートストーリー集。

私の書いた物語に沿って、
トップモデルの皆さんが
主人公を演じて下さっている、

という超贅沢なこの企画、
作家冥利につきました。

あと、グラマラス創刊時から
仲良くしている
スタイリストはみっちゃん、
構成はみなちゃんと一緒の仕事で
それも嬉しかった!

エディター石本さんも、
本当にどうもありがとうございました!

このTOYOTAタイアップ広告は、
東横線の女性車両をジャックしちゃうんだって。
すごいー!!

『週刊ポスト』では、
LiLy、
鈴木おさむさん、
佐藤和歌子さん、
奥田英郎さん
の順でリレーエッセイ連載。



『ViVi』、『WITH』では
どどんと読者のお悩み相談インタビュー。

といっても私は、

恋愛ってなんだろねー。
男と女って、なんでだろうねー。
愛って、どういうことなんだろうねー。

という答えのないことを自問しながら
本を何冊も書いている、というだけで、
決して恋の達人でもなければ
恋愛アドバイザーってわけでもない。

というか、そういう人ってもしいるなら、胡散臭い。

だから「LiLyちゃんはどう思う?」って質問に
「私は個人的にはこう思うよー。」ってスタンスで
答えることにしています。

毎回寄せられる質問や悩みに
「うわーわかるわーあるある、こういうこと」
と共感しまくって、
膝を打ちながら、答えさせてもらってます。w


あと、
All Aboutでもインタビューして頂いています。

ナビゲーターの芳麗さんとは
初対面だったにもかかわらず、意気投合。
彼女は、まるでずっと仲良くしている
お姉さんのようなオーラを持つ方で、
ついうっかり赤裸々に語りすぎてしまったかも、
という部分も多々ありましたが。。。
(でもこれ、インタビュアーとしての
芳麗さんの実力ですね!!)

これからアップされる
計3つのインタビュー記事を通して、
とても深い内容になっていると思います。
是非読んでみてね。 ココ

いつもブログを読んで下さっているという
プロデューサーの桃子さんも、ありがとう。



今発売中の『MISS』では、
結婚についてのエッセイを書いています。
『MISS』の編集長さんや編集さんたちが
私の本を読んでいてくださったそうで、
お声をかけて頂きました。
 
これからちょこちょこ登場させていただく予定なので、
(来月号にも!)是非チェックしてね。

あとは連載中の
「glamorous」音楽エッセイ、
「HIPHOP最前線」のコラム、
「FAnet」での長編小説「こぼれそうな唇」
「Web幻冬舎」での短編小説「Crazy Baby」
「TSUTAYA ON LINE」でのエッセイ「LIFE IS BEAUTIFUL」などなど。

★次の新刊は、11月発売予定。
 去年まる1年間連載していた長編小説「空とシュウ」です。

 装丁には写真を使いたくて探していたところ、
 「これだ!!」という一枚をYONEちゃんの作品の中に発見し、
 YONEちゃんのご厚意により、使わせてもらえることに!
 今からすっごく張り切っています。

 楽しみにしていね!!!


ーーということで、ここまで書くのにすごく疲れました。w
  ので、そろそろお風呂に入って寝ようと思います。

  お風呂の中で丸いお腹をくるくるマッサージしながら、
  赤ちゃんに話しかける時間は、至福の時です。

 私もみんなもこうやって、お母さんから生まれたんだねー。

コメントやメールをくれた
みんな、改めて、本当にありがとう。

トップの写真の中の
お花をくれたみかちゃん。
ランプをくれたエリカ、
ゆりかごイラストをくれた
エコネコちゃん、
どうもありがとう!!!

でーは、みなさん、素敵な夜を。

お父さんもお母さんも、
そして自分の命も、
ぜんぶとっても大切に。



おやすみー。

あー早く産休に入りたいなー。(切実)ww


| 15:12 | comments(56) | - | Posted by : LiLy

My Boys 〜happy birthday〜











 昨夜、

 美味しい食事を終えて、
 プリクラとって、
 ミッドタウンのベンチに腰かけながら、
 
「お義母さまに電話して、
 生んでくれてありがとうって言わなきゃね♪」

 というと、夫は、「そうだね♪」と実家に電話。

 でも結局、恥ずかしくて言えずに私に電話をかわる彼。w

 「生んでくれてありがとうって、
 言おうと思ったみたいなんですけど」

 とお義母さまに私が代わりに伝ると、

 「そうね。ゆりちゃんに出会えたものね♪うふふ」

 と優しく笑うお義母さま。

 今日は、夫の34回目のバースデー。

 とても大切な日なので、

 今日、みんなに発表しようと思うことがあります。

 この前は、まだ安定期ではなかったので
 発表する気はなかったにも関わらず
 「喜び」が勝手に文章や写真から漏れすぎて、
 気づいていた方も多かったかと思いますが、
(お祝いコメントも、すごくうれしかったです、ありがとう!)


 今、私のおなかの中には赤ちゃんがいます。

 妊娠6ヶ月目に入りました!

 みんなに「女の子っぽいねぇ」と言われていたし
 私も彼も、女の子だろうなぁと、
 持前の思いこみの強さ(笑)でほとんど確信していたのに、

 前回の検診で、オチンチンが見えました!!!!

 あまりのサプライズに、
 突然、異常なほどの喜びが心に湧き出て、
 「キャー!!!すごい! ふしぎ! すごすぎる!」
 と、エコーをみながら、私は、大号泣!!!!

 すでに、
 ”妻と娘に奪いあわれる大人気なオレ”未来予想図を
 胸一杯に描いていた夫は、「お、男!!??」と放心状態に。(笑)。

 ちっちゃいボーイ(息子)の出現に、 
 「ゆりはオレのもの…」と、
 突然赤ちゃん返りしたでっかいボーイ(夫)に、
 
 私は上機嫌!!!!!(爆)
 
 ”夫と息子に奪いあわれるワタシ”という、
 人生初めてのモテ期が到来しそうな未来に、
 すでに巨乳化している胸を更にふくらませ、
 「オーホッホッホ」と
 高笑いせずにはいられない日々をすごしております。

 そんな中迎えた、

 二人ですごす初めての誕生日。 
  
 
 去年、私の27回目の誕生日には、
 ビッグサプライズで
 私を嬉し泣きさせてくれた彼。
 
 フレンチレストランで、
 彼が予約してくれたコース料理を食べている途中、
 私がトイレにいって席に戻ってきたら、
 壁に、彼がデザインしたポスターボードが!!!
 そこには、私への愛の手紙が綴られていて、
 プレゼントの指輪がついていたの!!!

 昨夜は、私も負けずに(?)サプライズを用意♪

 0時になった瞬間、

 「プレゼントが隠してあるから探してみて♪」。

 クローゼットを開けた彼がそこに発見したのは、

 数週間前にリステアで試着して一目ぼれしたものの

 その死ぬほど高いプライスに息をのみ、

 「独身だったら買ってたかもなぁ。
 でも今の俺には必要なし!!!」

 と笑顔でラックに戻した、ガリアーノのレザージャケット。

 私のつわり中、
 仕事から帰ってきてから一人で黙々と家事を完璧にこなし、
 今も毎晩かかさず、私に全身マッサージをしてくれる
 スーパーがつくほどやさしい彼の、

 父になる自覚の高さに、

 改めて涙がでそうになるほど感動した私は、

 また得意の”男スイッチ”が入り、

 「オレが買ってやる!!!!」 と心に誓ったのでした。 
 




「マジで?マジで?」と
何度も呟きながら、
即効着てみるダーリン。

そして、

「奥さん、金銭感覚、大丈夫?
 おれたち、親になるんだよ、大丈夫?」

と、不安がるダーリン。(え?そこ?w)

分かってるよ、
大丈夫。

でも、
1冊目の本が出る時、
25歳の誕生日に
私が自分にFENDIのバッグを買ったときみたいに、
一生、宝物になる高価ななにか、をプレゼントしたかった。

彼に、
息子が生まれる前の、
最後の誕生日に。

「一生大切にする。
 ありがとう」

目のふちをほんのり
赤くして、
喜んでくれたダーリン。

「おめでとう」。


Happy Birthday,
my sexy darling.

You are Super!!!!!

来年には、

両手にボーイ。

That's Super!!!!!

どうか、どうか

無事に生まれてきてくれますように。



PS




彼がとった
私たちのハネムーン写真が、
PJのLindaさんの
コンピレーションアルバム
「裸の恋がしたいから」の表紙に♪

Linちゃん、ありがとうー!!

Linちゃんのラジオ番組に
ゲスト出演しているので、
来週土曜日FM YOKOHAMA、聴いてみてね♪

| 18:26 | comments(103) | - | Posted by : LiLy