LiLy プロフィール
コラムニスト/作家
1981年11月21日生まれ
神奈川県出身
上智大学外国語学部卒
2004年 J-WAVE
ナビゲーターオーディション優勝
LiLy リアル
powered by ログピ
最新エントリー
Recent Comments
Archives
Feed

恋愛体質は生まれつき。

新しいコラムの企画書の案を練っていたら、
また朝がきやがった。

ダーリンを仕事に送り出して、
いってらっしゃいのキスをしたら、
思い出した。





9 歳の時。
お母さんと大喧嘩して、
なんかもう色々あって、

「もう、死んじゃいたい!二階から飛び降りる!」


と叫んだ日のことを。
(さすが9歳。二階からじゃ、死ねねーぜ?)

あたしは頭がかち割れるかと思うくらい
大泣きをしていた。泣きすぎてゲロ吐いた。

ひっくひっく
呼吸がおかしくて苦しくて、
あたしはそんとき家の廊下に倒れていたんだ。


で、その時、フト、我に返ってこう思った。












「ふざけんな!!!


まだ男とキスもしてねーのに死ねるかってんだ!


お前はアホか???」












死にたいと一瞬思った自分に対してのブチ切れ。(笑)














その時のこと、鮮明に覚えてる。
その時涙でぼやけた視界の中に映っていた、
壁にかかったカレンダーの絵まで、はっきりと。



生理が来る前からあたしってば、
恋愛体質だったんだね。(笑)



あたしは早く女になりたかった。
だってそしたら男に抱いてもらえるから。

親に抱いてもらえるほど、子供じゃないけど、
男に抱いてもらえるほど、大人じゃない頃って、
あたしにとっては一番寂しいときだった。










よかった。
キスする男が見つかって。

それからは、人生、だいぶ楽だ。




| 06:57 | comments(23) | trackbacks(108) | Posted by : LiLy

今日、夜中、2時。

12チャンネルつけてね☆
流派ーRで、
私の沖縄レポート放送します☆☆

FRIDAY NIGHTだね!

〆Fはガールズとクラブに行くか、
家で寝てるダーリン(明日も仕事)の隣で一人で映画でも観るか、
それか昨日結局書けなかった小説の原稿書くか、、、

迷ってます。。。。。
夜9時くらいにどうするか、決めます。
直前にならないとどうしたいか分からない〜
優柔不断〜!!

約束しちゃってから、直前に面倒くさくなるのが、とても面倒くさいので、
「じゃ、その位の時間になったら適当に電話するからどうするか決めよう」
が、合言葉。w             

☆☆☆みんな素敵な週末を☆☆☆

あたしは日曜日、ダビンチコード、観に行く予定♪
しかし、起きたら夜だった、という悲しい日曜日のルーティーンに
今週ものみこまれる危険性大。

朝から光を浴びて、思いっきり遊んで、
夜、ぐっすり眠る。

というあたりまえのようで、素敵すぎる日曜日が、
全然出来ない自分が、本当嫌。

夜中から女友達と電話してて、
寝てるダーリンを起こさないようにと、
家の近所を部屋着で徘徊しながら恋バナ。
朝の4時に路地裏にいる野良猫と目が合ったからって、
「ミャー!!!」とか言って猫と張り合ってる自分が、とても嫌。

(今朝のお話です。w)
| 17:15 | comments(15) | trackbacks(49) | Posted by : LiLy

女の子用のHビデオ







今発売中のANAN読んだ?
「恋に効くSEX」特集。
付録はなんと女のこのためのHビデオ(DVDだけど)!

素敵だよね。
こうやって女性誌が女性のSEXの本音について
ちゃんと特集を組むようになったことって!!

やっぱり、
女にとってのSEXと男にとってのSEXは、
イコールであってイコールでないから。

もちろん男×女のSEXだから
1つの行為なんだけど、
捕え方は本当に様々だからね。

そういえば、昨日朝4時にマンションの下にゴミ出しに行ったら、
街中に響き渡る声で、SEX中の女がいた。(笑)

やるな〜!!!(笑)

あ。Hビデオの感想はね、
本格的にSEXしてたからびっくりした。(笑)

男用のHビデオを観るとね、
いつも男優のぶさいくさ加減が許せなくて
駄目なんだよね。消しちゃう!
女優はすっごく可愛いのに!!!(怒)
あと演出とかストーリーも、
全然セクシーじゃない!!!!


だから今回は、女の子用ということで、
期待したんだけど、
男優のルックスがいまいちだったのが残念!!
女優は夏目ナナ?超かわいい!!

ストーリーも、
いかにも「女はこういうの好きでしょ?」感がアリアリで、
しかも、「ん〜そうでもないよ?」て感じがしてしまったなぁ。
コンドームをつける、というとこアピールしてたのは良かったけど、
つける時にお互い超笑顔で微笑み合う・・・・ってのは、
あまりリアルじゃないと・・・・。(笑)


ANDREW BLAKEのAV作品が好みかな。
て、予告しか見たことないけど。
でも10秒だけで物凄く「エロス」があった!!!
全部観て見たいけど、
DVDネットで買うのはさすがに恥ずかしいじゃん?
どれだけスケベだよ?
って感じじゃん?


セックスって「愛」と「エロス」のバランスが難しいよね。
愛を体で表現すればするほど、
エロスは減るし、
エロスを追及すれば、
そこに愛の表現は見当たらなくなるし。

そこを追求しながら、
女の子用のHビデオをプロデュースしたいな。ww
そしたら男優にはオダギリジョー並の池面な方を採用する予定。

そしたらガールズ購入よろしく!!

・・・というのは冗談だけど。
ま、依頼がきたらやるけど。
もしくは自分から企画書売り込みにいくかもだけど(笑)

本日はグラマラスの校了日で、
帰りのタクシーの中で、
タクシー運転手おじさんと
人生について熱くトークして帰ってきました。
(いつもは即効イアフォン、窓あけて、タバコぷは〜IN TAXI。)

今から小説書くよ!

HONEYGIRL今月号発売されました!
スタイリストのアシスタントをやってる女の子の恋バナ、読んでね♪
グラマラスのスタイリストのMちゃん、取材させてくれてありがとう♪
| 02:48 | comments(21) | trackbacks(53) | Posted by : LiLy

奴と切れない。。。

奴と出会ったのは16歳の冬。
不良っぽさに憧れていた時期だったから、
あの独特の“悪”な雰囲気にあたしは飛びついたんだろう。

24歳になったあたしが求めるものは、あの頃とは違う。
8年という長い年月の間に、
あたし自身も周りの環境も、沢山のものが、
時の流れに逆らえず変化していったというのに、
あたしは未だにこの関係の中に溺れている。

この関係があたしにもたらしたもの。
それは、食欲を失い、体重も減り、
肌も荒れたあたしの姿を見ればバカでも分かる。
死を導きかねないレベルの破滅。
奴は不良なんかじゃなかったみたい。
一人の女をじわじわと、ボロボロに犯す、危険な存在だったのだ。

「また?もうやめるって言ってたじゃん!」
喫茶店で、女友達が声をあげる。
この関係から抜け出すことが出来ないあたしを、
友達も、親までもが容赦なく責める。
あたしもあたしを責める。
だけど、追いつめられたあたしは、
あたしを愛してくれる人たちを裏切り、
あたしを決して愛してくれない奴の元へ走ってしまう。
いつも。
一瞬の、
ほんの一瞬の気持ち良さ、
ココロの安定を求めて。
それすらも幻想だということに、本当はもう気付いているのに…。

出会った頃は、月に1、2度で満足できた。
今は、あたしの体が、奴に依存してしまっている。


先日、そんなあたしに希望の光が差し込んだ。
あたしの好みの顔をした男に「すきだ」と言われたのだ。
彼は、あたしの奴との切っても切れないこの関係を知っている。
彼は奴が「苦手だ」と悲しげにあたしに告げた。

デート中。
ホテルの最上階。
コース料理がやたらと時間をかけながら、
あたしの男の間のテーブルに一品ずつ運ばれる。
デザートの後の、
「コーヒーとお紅茶、どちらをお持ちしましょうか?」
というウェイトレスの声が聞こえてきた頃には、
あたしは全身がワナワナ震えてしまっていた。


「やっぱり、奴が欲しい!」

あたしはレストランを勢い良く飛び出して、
エレベーターを待ちきれず階段を走り下る。
息がぶち切れる。
生きた心地がしない。
それでも奴はあたしを走らせる。
ちょうど足が重くなってきた頃、あたしと奴をつなぐ仲介人を見つけた。

























 100円玉を3枚渡すと、奴があたしの手の中に渡る。
握りしめていたライターで先っぽを燃やし、奴をくわえる。
奴の煙があたしを隅々まで満たす。ふぅ〜。





*******************************


やめられないんだよね、タバコ。(笑)
依存ってこわっ。。。
16ン時、強がらなければ良かった。。。。

↑それが言いたかっただけ。(笑)

←このアホ面がタバコのアホさを物語ってるでしょ?
(3年前の写真だけど・・・)



| 08:35 | comments(36) | trackbacks(46) | Posted by : LiLy

ポトッとコンドーム

昨日の夜。


終電。


駅の階段。


足の親指の横と、小指の横が、
いてててて。

明日は低いヒールで・・・
なんて考えながら、一段一段、登ってると、

落ちてたの。ポトッと。

はだかのコンドーム。
薄〜い黄色のキャンディみたいな色。

「へ!!??」

なんで、階段に!?















そっか。そっか。
これ落としたの、中学生だ。












中学二年生の時。
通学中のバスの中。

お財布に入れてたコンドームを、
女友達とふざけて、こっそり、開けてみて、

「きゃーなんだこれーねばねばしてるー」

と驚いて、
ポトッと、
落としてしまったんだ。
はだかのコンドーム。
バスの中。

”ひぃぃぃぃぃ!!!”

みんなの視線がこっちに向かった瞬間
目線を上げてしらんぷりしたあたしたち。

もちろん、もう、拾えませんでした。w




14歳。
なんであの頃、
セックスする相手もいないのに、
セックスする心の準備もまだなのに、
持ち歩いてたんだろ、コンドーム。


大人しか持てないものを、
どうしても今持ちたくて。

だって、子供として送る日々に、
すごく欲求不満だったんだもん。

コンドーム。
持ってるだけで、
なんだかちょっと満足できた。

苦いのに、吸う、タバコの煙みたいに、
大人になることを急ぐ年頃に、
飾りとして欲しかったものだったのかな?


「財布にコンドーム入れてると、お金溜まるんだって」

その噂って、きっと、

セックスに興味あるけど、
でもなんかエッチだし。。。

っていう水色時代の、

”恥ずかしさ”の言い訳として、
どっかの中学生が作ったものだ。

噂という言い訳は、
あたしたちに都合がいいものだったんで、
しめしめ、と実践してたわけなのだ。w

多分みんな、そう。
中学生で、切実に貯金を・・・なんて思ってる人、
そんないないもんね。w

みんな、持っていたかったんだね。
大人の世界に近づきたかったから。




原宿のコンドマニア。
中学生以来、入ってないもんなぁ。

あそこでみんなで
わざわざ選んだの。
お財布に入れるコンドーム。


楽しかったな。






今日の朝。

駅にはもうコンドームはなかった。

多分
拾ったのは小学生だ。

NYの小学校に通ってた12歳の時。
校庭に落ちていたコンドーム、
一番最初に見つけたアダムが、
大騒ぎして
掴んで
走って
教室に持ってきたもんなぁ。














なんか

懐かしいなぁ。












あの頃、
大人になるための飾りとして
使ってた。

今、
子供を生んで育てるほど、
まだ大人になれないから、
使ってる。





| 00:45 | comments(24) | trackbacks(79) | Posted by : LiLy

よじ登り♪六本木

朝、勉強しなきゃ、と切実に思ったその夜中、
六本木でお立ち台よじ登って踊ってたLiLyですが♪

なにか??


そのままカラオケで、
ウァサウァサベイベー♪しちゃって、
気分は出戻りギャル・・・。ですが、

WEEKENDですし!?


テキーラ飲むと、
足の骨が痛くなるのは、何故?

痛い・・・。


とここで、イベント告知です♪

来週水曜日、
西麻布WAREHOUSEで

LUIRE×TIMBERLAND(靴よ♪)

のイベントMCします♪
もちろんDJ MAYUMIちんとまた一緒♪

・・・平日は仕事・・・という皆様は、こちらへ↓↓





6.2金曜日
渋谷のVUENOSの上のNEOで♪
REEBOK×SOULDIVAS
ファッションショーに出るよ♪
またMAYUMIと一緒だ♪

これは出演者皆ギャラとかそういうんじゃなくって、
思いっきりパーリーしようぜ♪

ってコンセプトなので、
プライベート全快で行くので、一緒に踊れるよ♪♪

しかも♪
みんなには
インビテーションあげちゃうから、
無料で入れるよ!!

カウンターでLILYって言ってくれれば、
インビ渡してもらうようにしとくね♪
(先着30人くらいね。今数えられないけど、それくらいね)

きーてーねー♪
足が痛いので、寝ます。
あした、流派のナレーション入れ、、、昼からやん!!

やべ。早く寝ます。
明日、本沢山かおっと。
勉強+夜遊びで、おもろいコラム二スト目指します!
| 06:09 | comments(17) | trackbacks(35) | Posted by : LiLy

もっともっともっと

勉強してくればよかった。

大学を卒業して、2ヶ月。
学生ではなくなってから、それを痛感してる。

学校の勉強、好きじゃなかった。
コツコツと努力して、知識を増やしていく作業が、
めんどくさくて、苦手で、いやだった。

「なんで勉強しなきゃいけないの?」

その答えが、中学・高校の時に見つけられなかったことが、
あぁ!!くやしい!!!

もし、歴史の授業を毎回真剣に受けていたら、
今「平和」について、もっと深い文章が書けたのにな。

もし、国語の授業にもっともっとのめり込んで参加していたら、
全ての文章がレベルアップしていたかもしれないし。

もし、数学、科学、生物、苦手な理系の教科と逃げずに向かい合ってたら、
また違う世界が手に入ったかもしれない。

学校の勉強だけ出来ても駄目。
学生の内から、
外の世界にも冒険に出かけたほうがいい。

だけど、
学校の勉強を真剣にやってきた人は、
やっぱり、それだけの知識を身につけている。

何かを生むときに、
知識は欠かせない。

アーティストになりたい人がこんなにも多いのに、
知識をつけるための努力からは逃げる人が多い、今。

私の世代は、ギャル全盛期。
ギャル世界では、
男もバカほどモテたし、
女も派手さが命だった。

高校時代、勉強を置き去りにしまった人が多い世代。
大学に進学したものの、高校時代の私はその中の1人。

ギャル化する私に教育の大切さを訴え続けてくれた
お母さんのおかげで、なんとか大学には入れたものの、
高校生の時の勉強は、はっきりいって、おろそかにしてきた。

大学では勉強したけれど、
それは専門的な分野(スペイン語)なわけで、
基礎となる教養が、
あぁ!!!足りない!!!

勉強はいつでも出来る。
まぁね。
でも、仕事があるから、そんな時間とれないのが事実。
(↑ここに甘えがあるのも本当・・・。)

勉強するのが仕事の、学生。
特に、バイトとかしなくても食べ物も住むとこもある、
中学生、高校生。

戻れるものなら、是非ガリ勉になりたいものだ。

遊びも大事。
沢山遊んできた。
それは今の肥やしになっている。

でも、学校の勉強も、すっごく大事。

今、学生の人、せっかくだから、授業真剣に聞いた方がいいよ。
たまには、保健室で昼寝したり、
授業中に恋バナの手紙を友達と回してもいいけど、
やっぱり、どうせなら、先生の話も聞いておいた方が、後々お得♪

PS 前回の日記のピー子ちゃんの書き込み読んでね、懐かしくなったよ。
   高校時代。あたしも、簡単に「死ね」とか言ったことあったよ。
   意味の重さも考えずに、ただその言葉が最大級の悪口だと思ってただ   け。
   飛び散るホルモンはコントロール不可能だし、
   仕事もないし、
   勉強も嫌いだし、
   真剣な恋人もいなかったし、
   時間とエネルギーを持て余していたの。
   だから暴れていたの。
   その子たちも、そうなんだと思う。
   きっと、もうちょっと大人になれば、

  「あの時、なんであんなに怒ってたんだろ?」

   って、気づく時がくる。
   あたしも、そうだったから。

   その点ピー子ちゃんは大人だね♪いいことだと思うよ♪
   


| 09:05 | comments(25) | trackbacks(27) | Posted by : LiLy

会いたい人には意地でも会いたい。

GW、終わっちまったね。


チッ。



のんびりと休みまくったため、
今日原稿かいてても脳みそが思うように動かないよ。


チッ。


GWの始まりに、
日本列島で一番早い夏フェス、行って来ました!
タワレゲ@沖縄
流派ーRの撮影。(今月第4週放送予定♪)


詳しくは、XIGNのコラムでレポートします。
(tVでレポしてコラムで記事書く。I LOVE一石二鳥♪)

初の沖縄。
今年初のレゲエ祭。
出張で行けるのは嬉しいけど、
大盛り上がりのライブを一人、観ていると、

あぁ、あの子にも見せたかった、
あぁ、あいつが今となりにいたら、泣いたかな、
あぁ、今彼と手つなぎたかったな、

とか、思うのは大好きな友達や恋人のことばかり。


フィナーレを飾ったPUSHIMの歌声を聴いて、
涙しそうなところで、
携帯ブルルン。

ハニーかおるからでした。

「いーなー沖縄。いーなーレゲエ。こっちは子育て・・」
「うーん、でもね、実は、今ちょうどあんたのこと考えてたんだよね」
「え☆」

沖縄と横浜で、電波の中、女の友情を密かに育てました。w



大好きな!!!!!
VOICE MAIL フロム JAMAICA!!
クラブのスピーカーで聴いている声に囲まれた!!



翌日はオフ☆
流派クルーのボーイズ達と、沖縄大満喫!

GWの最終日、昨日は、
前にブログでも書いた通り、私の憧れの人、室井佑月さん
に会いに行きました♪

ライターmicksを引き連れて、歌舞伎町へ。
室井さんのブログのオフ会へ。
初めての「オフ会」という未知の領域に、
MICKSとちょっと怯えながら・・・。
だって、オフ会って、
2チャンぽい暗いイメージがあったから。

でもね、会いたい人には意地でも会いたい。

ので、ルンルンで向かった♪
生室井さん。肌超綺麗。
幸せそうだった。すごく。
ずっとずっと笑顔だった。
年上の女性なんだけど、可愛いかった。
もっと好きになった。

いい女の条件、私は「幸せな女」だと思ってる。
幸せの定義なんて人それぞれで、
そもそも「幸せ=自己満足しているかどうか」なわけだから、
自分が幸せだと思っている女、ということになるのだけど。
そんな女からは、
ポジティブなエネルギーが放たれる。
自分に満足しているんだから、いいオーラが出る。

私は、ちょっと可愛そうっぽい謙虚な男と、
幸せそうで自信満々な女が好き。

男に対して湧き出る「母性本能」って止まらないもの。
だから、不幸そうな女に対しての「母性本能」は、あまってないみたい。

子供は別だよ。
(女の子が欲しいもん。)

とにかく、室井さんを見て、それを実感した。
幸せな女って、素晴らしく魅力的だな、と。

マッチ売りの少女とか、不幸な美少女は絵になる。
でも、若さと可愛さがマイナスされたとき、
女は幸せじゃないとちょっと辛いのかも。
だって、幸せじゃない大人の女は、すっごい意地悪になるから。

最近よく考える。
若さと可愛さがなくなったときの自分について。

自分マイナス若さ・可愛さ=0

じゃ最悪だ。
そのための学だったり、経験だったり。。。
そして、幸せでいれるための努力を惜しまないことにしよう。
で、今より大きな優しさを手に入れたい。

室井さんも書いていた。
「若い女に走る男ってバカね。
20代の女より30代の女の方がずっと優しいのに」って。

私もそう思う。
10代の頃より、20代の今の方が、私は優しい。

今よりもっと優しい大人の女性になるためには、
自分を満足させられるような人生を、自分で歩けばいいだけだ。

*********************************


・・・・・と、いう訳で、今日は朝まで原稿を書こう。
室井さんに近づきたい。
室井さんはに、文章を書いていることを言うと、
「早くおいで♪」
って言ってくれた。
すごく、優しい女性だった。嬉しくなってキュンとした。

今発売中のグラマラスの音楽pg、是非読んでね。
レッチリについて、熱く書きました。
音はドラッグになる、って切り口で。W

あぁ、GWも終わり、夏がくる。
富士ロック。
レッチリと会える。
ドキドキだ。

ps 

私、会いたい人には意地でも会いたい。
以前、私K1の須藤元気選手の大大大ファンだったのね。
今でも好きだけど。
渋谷のアウトバック(ステーキ屋)のオープニングパーティに
元気が来る!という噂を聞きつけて、ライターという職権乱用して、
関係ないのに(笑)記者会見に潜り込んだからね・・・。
それにしても、KIDの4秒KO凄かったね。
よくKID選手クラブで見かけるけど、本当に、かっこよすぎ、彼♪

| 00:13 | comments(20) | trackbacks(23) | Posted by : LiLy

恋が愛を生んで、愛が人を生む。

不思議じゃない?

友達の女の子が男の子と出会って恋をして、
2人が愛し合ったら、赤ちゃんができて、家族になる。

素敵じゃない?

カップルぐるみで仲良しの
KANA&MASAKI
に赤ちゃんAIM君が生まれた。

ダーリンと一緒に3人に会いに行った。























おそるべしスッピン美人のKANA。
(産後、まるで何もなかったかのように、
 前と同じように超スリムなのか、本当に謎。w)

HIPNOTIC BOGGIEのダンサーとして有名なMASAKI。
(彼はジャニーズの振付師に、スクールの先生、DVD発売、
 と超売れっ子ダンサー!
 相当働き者の素晴らしいハズバンド兼パパです!)

そんな2人の愛の間で生を受けた、AIM(2ヶ月)。
5/5は、男の子の日!
かぶとケーキでお祝い!







ラブラブ3人家族。
MASAKIがKANAを想う気持ちと、
KANAがMASAKIを想う気持ちと、
2人がAIMを想う気持ちとが、
混ざり合った、
愛に溢れた空気が部屋の中に暖かくって、

そこに一緒にいるだけで幸せになれた。
























ダーリンと私がAIMにプレゼントしたのは、
ADIDASのスニーカー0歳用。(かわいい!)









2人でAIM誕生に、感動。
カップルだった2人を知っているから、
家族になった3人を見て、
なんだかとても不思議な気分。
暖かい気持ち。
憧れ。
喜び。
そして、やっぱり不思議。






家族。
子供として参加する第一の家族、
夫、妻、親として参加する第二の家族。

そのどちらの家族も、始まりは恋。
なんか不思議。

私が生まれた時から夫婦だったお父さんとお母さんも、
私が生まれる前は、他人だったわけで、
お父さんがお母さんに声をかけた遠い日が、
私が今ここにいるキッカケ。

いろんな偶然が重なり合って、
男と女が出会うことによって、人は生まれる。

家族。

絆?
責任?
愛?
夢?
血?
信頼?

その全てのキッカケは、「好き」という気持ち。






MASAKIが後ろ髪引かれながら仕事に行って、
(AIMと離れたくないらしい)

私とKANAがガールズトークに燃える中、
(ひさしぶりだったから♪)

ずーっとAIMを抱っこして、
あやしていた私のダーリン。





















私は彼が、
すごく、好き。





















| 06:53 | comments(23) | trackbacks(73) | Posted by : LiLy