LiLy プロフィール
コラムニスト/作家
1981年11月21日生まれ
神奈川県出身
上智大学外国語学部卒
2004年 J-WAVE
ナビゲーターオーディション優勝
LiLy リアル
powered by ログピ
最新エントリー
Recent Comments
Archives
Feed

あれがない これもない




























まだ水着も浴衣もきてないけど
容赦なく夏、終わってゆくぜ。



チッ。



今年の夏、私が思い出をたっくさん詰め込んでるアルバム。
それは、アジカン。

『ファンクラブ』と『ソルファ』。

もうすぐ朝の9時だし、
そろそろ寝ればいいのに、
なんだか目がさえちゃって、
さっきからPCの前でひとり、
アジカン歌ってる。


いい音楽は売れなくて、
ポップな変な音楽ばかりが売れる

ってアンダーグランドでは良く言うけれど、

本当にいい音楽は売れている。

と思う。

もちろんすばらしい音楽でも
売れないものは沢山あるけれど、
売れる=良い とは限らないけれど、
売れてるけど変な音楽も沢山あるけれど、

だけど、売れている音楽には売れる理由があると思う。
プロモーションとかの問題以外の、音そのもののところにも。
だから、メジャーなものを一括にして切り捨てるのは
良くないよ、と思う。

みんなが欲しい!と願っているアートを提供できる人こそ、
プロフェショナルなアーティストだと思うしね。

プロが付くことは良いことかどうかは置いておいてもね。

ま、そういう話こそ置いておいて、、、

曲のリリック、すごく素敵。
アジカン、音もメロディも声もいいけど、詩、ヤバイ。



『海岸通り』

         Lylic By Masahiro Gotoh



夕日で朱に染まる 寄せては返す記憶
今日というつかぬ間の永遠だけ此処に刻む

丘から見下ろせば 青い海 春が霞む
桜の並木では花びらと君が笑う

あれがない これもない
どんな希望も叶えたい 欲張り
そんな僕らの足りないものだけを そっと包むように
夕凪の最後には 優しく揺らぐ風
海岸通りに 春が舞う

すれ違うこともはみ出すことも
恐れていないよ
どこにいてもただ願ってる

あれがない これもない
どんな希望も叶えたい 欲張り
そんな僕らの足りないものだけを そっと包むように
夕凪の最後には 優しく揺らぐ風
海岸通りに 春が舞う








もぉ!
痺れるってば!
もっと爆音で聴きたいから、
今からヘッドフォンして家の周り走ってくる!


FUJIROCKでは緊張してたみたいだった後藤さん、
貴方の書く詩は、もう、ほんとうに、私を溶かす。
貴方の詩に、なんだか、とっても、救われる。

いい音楽を、ありがとう。






| 08:58 | comments(35) | trackbacks(282) | Posted by : LiLy

夢は目を開きながら見るもの。

昨日、仕事から帰ってきてシャワーを浴びて、
もう疲れたから寝ようかな、とPC開いて、
皆が書いてくれたコメントを読んだら、

背筋ピシっ!
お目目パチッ!

仕事情熱チャッカファイヤー!!


朝まで原稿書くことができたよ。
本当に本当にパワー貰いました。


ありがとう。

泣いた後、必死でまとめた資料持って、
会議で簡単なプレゼンしてきました。
反応、とても良かったです。

近いうちに、
皆にうれしい報告が出来るかもしれません。

25歳まで今日でピッタリあと3ヶ月。
25は、人生のクオーター地点。
20代前半のラストスパートかけるよ。

別にね、夢に締め切りなんて作らなくていいのかもしれない。
でもね、私はあえて作りたい。

「いつかでかいことやってやる!」

なんて曖昧な目標で成功できるほどの才能なんてありません。

それに、「いつか」なんて思っていたら、
強い意志も持ち合わせていない私は、
あっというまにおばーちゃんになっちゃいそう。

コツコツ努力がとても苦手だからこそ、
自分で自分にプレッシャーかけて、
自分を追い込んで努力させてる。

ここでこんな風に書いちゃったら、
もう頑張んなきゃなんないじゃん。

ある意味「亀田スタイル」です、そこは。
強気な発言した後で、負けたら恥ずかしい。
だからもう、勝つしかなくなる。

「まぁ頑張るけど、でも結果よりもその経過だと思うし★」

なんて今は絶対にいいたくない。

失敗した場合の「逃げ」は用意したくないの。
逃げる準備が整えば、私はきっと逃げるから。

他人にも厳しい私だけど、
自分に一番スパルタです。

24歳。明日よりも今日、若いから、
若いうちにもっと苦しみたい。
スローライフは老後の楽しみに取って置かなきゃね。

「若さと美しさがあるうちは、それだけで人生は楽なのよ。
 それを失った後、内面に何が残っているかで女の幸せは決まる。
 若くて美しいうちは、必死に頑張ることよ。」


これはうちのお母さんの言葉。
本当にそう思うよ。
今の努力は未来への貯金。

ドリーマーは
リアリストにしかなれないものだと思う。

夢は
目を開きながら見るものだと思う。











Photo by 富成鉄

20の頃、高円寺の小さい1ルームマンションで
家賃3万円ずつ出して当時の彼氏と暮らしてた。
収納もなくて、二人の洋服と両壁を覆うレコードとで
溢れ返った部屋で、よく朝まで一緒に夢を語ってた。
大学とクラブMCとバイト漬けの毎日で、
お金にならない夢をひとりで刻んでた。
食費削りすぎて一時は本当にガリガリになっちゃったなぁ。













あれから5年。



来月、昔から憧れてた街、原宿に引っ越すよ。
あの頃の私が聞いたら、きっと喜ぶだろうな。



これから5年。



30になった私が今の私を喜ばしてくれるような
ニュースを沢山持っています様に。





| 04:55 | comments(124) | trackbacks(128) | Posted by : LiLy

絶対負けない

泣きすぎた後は瞼の奥がじんじんして、
頭がずんずん重たくなるのはどうしてだろ?

泣くってどんなことより体力使うよね。
走るよりも
踊るよりも
セックスするよりも
日常的な行為の中で一番疲れると思うよ。

恋愛も仕事も、
真剣になればなるほど、
考えることが多くなる。
多くなるだけじゃなくて、
1つ1つの考え事が重くなる。

マジだから泣く。
泣けるほどマジ。

10代の頃は恋愛も仕事も、
もっとふわふわしたものだった。
もちろん泣いたりもしたけど、
涙の種類が違った気がする。

好きになってもらえなくて泣いたり、
バイトで怒られて泣いたり、

理由がもっとシンプルだった。

今は、愛し合っていても泣く理由なんて沢山あるし、
仕事で怒られた訳でもなく勝手にひとりで悔し涙を流したりする。

あんまここにネガティブなことは
書きたくないって思ってたけど、
楽しいこととか
笑えたこととか
好きな気持ちとか
大事だと思うこととか、

ポジティブなことに感謝するために、
いいことを沢山書きたいって思ってるけど、

思いっきり泣けた後には書くことでしか消化できないし。
昔から泣きすぎてゲロ吐いたりしながらも
どんな顔して泣いてるか見てみたくて
鏡の前に立ってみたりする子供だったし、
今のこの重たい気持ちを書き留めたいって思った。

泣きつかれたけど、
明日はすっごく大事な会議がある。
私の今後のためにとても大事な。

絶対に負けない!
死んでも頑張ってやる!

生きるって自分との戦い。
勝負する相手は結局自分しかいないし、
将来自分に勝ってるか負けてるか、だから。

私は絶対自分に勝っていたい。
夢を叶えるために今出来ることはひとつだけ。

現実から逃げないで今、戦うことだ。


| 04:47 | comments(34) | trackbacks(59) | Posted by : LiLy

NIGO×DJ KAORI ★HOT97対談★





































先月、USENの会員用の雑誌
Music Pleasureで、
NIGOさん×DJ KAORIさん
の対談のライターをしました。

話題は
NYのHIPHOP専門局
HOT97について!

今月号のトップページに掲載されてるので、
会員の方は是非読んでね!

えーん(and)
その時の取材中の私のポラを、
USENのブログでプレゼント中です!

(ポラをとられている時からの
 『欲しい人いんのか?』
 という疑問は今も続いていますが。w)


もし、
ハーコアなポラコレクターの方などいましたら、w
是非USENのブログに
コメントを残して応募してくださいな。

↓↓↓↓↓

Music Pleasure Blog


<取材のあとがき>

日本とアメリカを股にかけて活躍するお2人には、
是非、HOT97からNYのトレンドを吸収しながらも、
ここ日本から世界へ、
新たなトレンドを発信していって欲しい!!!!

って個人的に強く思っていたので、
『世界から日本へ。日本から世界へ』
という『クロスオーバー』を強調して書かせて貰いました。

世界(特にアメリカ)→日本

という『一方通行』のトレンドの流れだけじゃ、
つまらないからね★日本だって立派なトレンドセッターよ★

PS


17日木曜日の深夜、
目黒食堂にて
CLAYMOREというイベントで
MCします★
ガンガンHIPHOPだよ★

『お盆、遊べなかったよ・・・』
とゆー不完全燃焼の方は是非いらしてね★

| 07:09 | comments(18) | trackbacks(105) | Posted by : LiLy

FUJI!サマソニ!そして自分のライブ!



長靴はいて暴れたFUJIも良かったけど、
今年はサマソニの勝ちかなぁ。私の中で。
やっぱり目当てのアーティストの数が多ければ多いほど、
フェスは上がるね★

ROCK最高だわ、やっぱり。

次のフェス参加予定は、秋のエレグラ!!
今から体がうずくうずく!!w
去年のアンダーワールドの快感を胸に、今年も期待してます。


サマソニ後は、自分たちも歌いたくなったので
5時間ぶち抜き朝までカラオケIN稲毛。

メニューはこちら↓

ミスチルにボンジョビにリンプに2PACにアンダーワールドにZEEBRAまで、
女2人で超いかつい選曲!
合コンなんかでやったらモテないこと間違いなし!





この選曲にビビッときた方は、是非レッツカラオケ★
その他、90年代初期のT.KOMURO系選曲も大得意★w
ミュージカルAnnieのテーマソングとかも大好き★

こんなに歌って一人1300円だった!VIVA稲毛!!!

思う存分遊び切った後は、
仕事しなきゃヤバイぜモードに入って、
ここ4日間部屋に閉じこもって新しい小説かいてます。

| 06:34 | comments(15) | trackbacks(102) | Posted by : LiLy

24inTOKYO






















       my gals,
tamami&akane.
     one weekend in tokyo.
pictures by Gen

i love this city so much.
we got so much goin on here.
filled with so many chances.
チャンスがゴロゴロ転がってる街。
ジェットコースターみたいなスピードで
色んなことが瞬間瞬間起こってて、
コロコロと表情を変える街。

東京は24って年齢とちょっと似てる。
激しくて楽しくて不安定なとこが。

im happy spending my 24 here in Tokyo.

昨日、
大沢伸一発のパーティ
「LIST NIGHT」@departure loungeで踊っていて、
そう思った。あぁ、Im in love with this cityって。

















I love it caz its SPICY!!






















もっともっと刺激が欲しい。





| 01:45 | comments(13) | trackbacks(121) | Posted by : LiLy

61年後の8月6日

好きな街に住みたい!
なのに、
なんで住まないんだ?

住むなら、今かも!!

そう思い立ったので、
即効で不動産屋さんに行って、
今日は物件を決めてきました。

とても暑い良く晴れた夏の日。

お母さんと二人で歩きながら
あたしは引越しにワクワクしてて、
にこにこして過ごしてた1日だったよ。

2006年の8月6日。

夜。
TVを見た。
61年前の今日、
広島に原爆が落とされたんだ。




完全に忘れていた。
忘れちゃいけないのに。




きっとその日、
夏の一日、
あたしみたいに、
未来にワクワクしてにこにこ過ごしていた人が
沢山たくさんいたよね。
もちろん戦争中だったから、
あたしみたいに能天気な気分でいた人は
いなかったかもしれないけど、
でも、

彼らがその日の朝、起きたとき、
まさかその日のうちに、一瞬で、
全てを奪われるとは思わなかったと思う。

今そばにある全てのものは、
平和がつくりだしているものなんだ。

何の罪もない、希望ある未来を持っていた人たちが、
一瞬の爆撃で大怪我をして、
ピカッという放射能を浴びて、
毛が抜け落ちて、
皮膚が腐って、
血を吐いて、
下痢をして、
高熱を出して、
幻覚を見て、
もがき苦しみながら、
亡くなっていった。
61年前。

REST IN PEACE
なんて言葉じゃ、
全然たりないよ。

この世界の中で、
二度と同じ過ちが繰り返されない様に、
彼らの死を無駄にしないためにも、
世界唯一の被爆国である日本がするべきことを、
私たち若い世代がしなくてはならないんだ。

それに、今でも赤十字原爆病院には、
一日に90人の被爆者が通院しているんだって。
信じられないけど、信じたくないけど、
終わっていないんだよ。

それなのにこうして
平和ボケして、平和を謳歌して、
私は自分勝手に過ごしている。

そうこうしているうちに、
戦争を経験した私たちのおじいちゃんおばあちゃん世代は、
いなくなってしまう。

私たちは私たちの子供に、
戦争の話をしたとしても、
私が今日8月6日を忘れていたみたいに、
少しずつ、私たちの戦争の話は薄れていってしまう。

それは危険なことだよね。

それに今日本は平和だけど、
今こうしている間にも、
沢山の人たち、そして子供たちが
殺されている。
戦争という名の合法大量殺人で。

想像できる?
できないよね。
そんな悲劇が事実だなんて、
思いたくもないよ。
だけど、本当なんだよね。


戦争がなくなるために、
私ができることはなんだろう。


とりあえず今は日記を書いてみた。
何か他にも出来ることをかんがえなきゃいけないよね。


他人のためとか
世界のためとか
地球のためとか
そんなでかいことじゃなくて、

平和じゃなかったら
誰も幸せになんてなれないんだから。

けっこう身近な問題だと思う。

PS

たまに、
平和のために動く人たちを
偽善者とか呼ぶ奴らがいるけれど、
そういう奴らは、戦争が始まって、
自分が、自分の愛する人たちが死んでも、
嫌じゃないのかな?と思う。
そういう悲劇が起こりうる世の中で、
それを防ごうとするのは当たり前のことなのに、
なんでそれが偽善になるんだろうね。理解不能だわ。


| 02:17 | comments(27) | trackbacks(172) | Posted by : LiLy

ノルマとキスの間で。

あぁ、最近また焦ってる。
額からいや〜な油汗が滲んでくる感じ。

自分自身に課したノルマって、
何か何でも絶対にクリアしたいもの。
他人に勝手に決められたノルマなら、
知らん顔してばっくれることも出来るけど、
自分で自分に決めたことって、
なんだかもう小さいときから自分に
言い聞かせてることだったりするから、
脳みそが完全に洗脳されていて、
どうにもこうにも裏切れない。
というか、裏切りたくない。

たとえば、小さいころから
『ぜってービッグになってやる!!』
って思ってると、
大人になるにつれて焦るんだよ。
『え、こんなはずじゃないよ。もっと自分頑張れるはずなのに』って。

それもまた明確な目標というよりも
漠然とした野望だからこそ、
クリアになる基準がなかったりするしね。


それに加えて私は、
小さいころから明確な目標を立てることも好きだったから

『○○才までには○○をする!』

って計画立てて、そのノルマをクリアした自分を想像してにやけてた。

だから大人になった今、
その頃からのノルマがずーんと重く圧し掛かってくる。

『25歳までに本を出したい!!』

がむしゃらにそれを望んでいるんだけど、
焦ってばっかで具体的になにもまだ動けていない。
書いてきたコラムはあるんだけど、
出版するとなると企画書を書いたり編集し直したり、
それから出版社に営業に行ったり、とやること沢山あるんだ。
それに出版してくれる会社があるとも限らないわけだし。

あと、4か月しかないよ。。。

だからここ数年はいつも本を読むとき、
著者のプロフィールを見て
あ、この人は○○才の時に本を出してる
なんていちいち逆算して焦ってるんだ。w


別に焦ることないのも分かってる。
いいものが出来た時に、胸を張って本を出したいし。
別に数字にこだわる必要なんてない。
だけど、
やるべきことを少しずつこなしながらでも、
これじゃあ足りないもっと出来るはずだって思っちゃうから
この漠然とした不安はずっと消えないんだよね。


野望が大きいことって
必ずしも幸せなこととは限らないなぁって
いつも思うよ。
でもだからこそ、
身近にある小さな幸せを
大事に大事にしてそれらを噛み締めながら
ハッピーに生きていこうって
いつも思うよ。

がむしゃらにでかい夢だけ追ってたら、
絶対に毎日幸せではいれなくなるもの。

夢の形は人それぞれ違うけど、
こういう焦りってみんなそれぞれ持っていると思う。
それでもみんな自分のケツにムチ打ってがんばってんだよね。
時には、くじけながら焦りながら弱音はきながら泣きながら、
でも毎日、ちょっとしたことで笑ったり喜んだりして、
生きてるんだよね。

『10代のうちに世界チャンピオンになる!』
って宣言して、有言実行した亀田選手は、すごいよ!
本当におめでとう!って涙でた。
判定には賛否両論あるみたいだけど、
彼の努力は本物だよ。

漫画「働きマン」じゃないけどさ、

『は〜っ!いい仕事したぁ〜!』

って思って死にたいな。

今は明日が来ることが当たり前みたいに思えてて、
人生は永遠に続いていくような気がしているけれど
実はそうじゃないじゃない?

だから1日1日、
小さなハッピーを感じながら過ごしたい。
でも、その中で、
ちゃんと決して楽しくはない努力もしていきたい。
未来のハッピーのための積み立て貯金だね。

さっき、仕事にいく恋人を駅まで一緒に歩いて見送って、
いってらっしゃいのキスをして、なんだかすごい幸せだったんだ。
だから、今からは、焦りながらも頑張って仕事をしようと思うよ。



| 07:56 | comments(30) | trackbacks(127) | Posted by : LiLy

帰り道・・・。

週末はFUJIROCK!!
長靴はいて泥んこになって遊んだので、
今週は仕事三昧なLiLyです。
ごきげんよう!

さて、今おうちに帰ってきたのだけど、
電車の中で小説読んでました。

なかなか面白い話なんだけど、
けっこう不良っぽい設定で描かれている
主人公の男子校生の発言に疑問を持った。

僕は、「ふむ。」と一言頷いた。
僕は彼女に声をかけた。「やあ。」

ふむ?やあ?
そんな高校生いるか???ww
てか、ぜってー不良じゃねーだろ。w

そんなことを思っていると、
隣にいたサエナイ系大学生風男子2人の会話が聞こえてきました。

「おんめーのかーちゃんファックしてやる!」
「したらおんめーぶっころっす!!」

・・・・・・。
この人達、一体何??

そうこうしてたらうちの駅に着いた。
駅のホームを小説読みながら歩いてると、

ふわ〜っと
いい香り。
あ。
これ!
CKビーだ!
あの黒いカルバンクラインの香水だ。
な、なつかしい!

私の前を歩いている黒髪ロン毛のお兄さんからだ。

そそくさと早歩きをしてお兄さんを追い越す私。
さりげなく後ろを振り返る。


・・・・・・。
お兄さんの顔が彼のロン毛よりも長かったのでちょっと悲しかったです。


さて、朝まで頑張ってお仕事お仕事・・・。

そういえば、
親切なMY MAN、NAGOTTIが、
「最近ネット界では衝撃的な新人MCが多いんですよ」
と新たなNEW COMERを紹介してくれました。

COOL TAKに続き、この彼も、パないです。
最近はダンスもオリジナルスタイルが基本なんですね。w

http://www.youtube.com/watch?v=GJAuKHF66Xc

彼の究極の煙草2本吸い映像に痺れた方は、
彼のデビューインタビュー映像もどうぞ↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=7aEeIQa7lYs
| 00:23 | comments(57) | trackbacks(94) | Posted by : LiLy