LiLy プロフィール
コラムニスト/作家
1981年11月21日生まれ
神奈川県出身
上智大学外国語学部卒
2004年 J-WAVE
ナビゲーターオーディション優勝
LiLy リアル
powered by ログピ
最新エントリー
Recent Comments
Archives
Feed

airport

Early in the morning.

Air port @ Washington D.C.

I was @ the Diner

with my PC and the magazine,NYLON.































Lindsay in NYLON.


取材当日、彼女は寝坊して、4時間遅れて始まったらしい。
彼女に会うのが2年ぶりだというライターは、
彼女が以前よりもずいぶんと落ち着いている、と書いている。

タブロイド誌にパパラッチ写真を載せられすぎたせいで、
一番大事な「女優」という肩書きを奪われたように感じる、
なんてことをリンジーは話している。

女優業に、飢えている様子。

確かに、タブロイド誌の常連になることで
世界的知名度を得たけれど、
彼女に対する人々の認識は、
「女優」というより「セレブ」。USでも日本でも。

それにしても、写真の中の彼女、
やっぱめちゃくちゃカッコイイな。

自分も一度取材して文章を書いた人物の
インタビュー記事を読むのは、面白い。

リンジーのその後は、いかに? って。

勝手に、だけど、この記事が、
数か月前に私が書いたリンジーコラムの、
続編のように思えてくる。

世界中のライターが、
一人の著名人を取材することで、
一冊の本を書いているみたいにも思えてくる。


そんな考えとともに、
頭の中が、わくわくしてくる、早朝の空港にて。

PCがあればどこでも仕事できる、
物書きというこの仕事、
本当に最高、愛してる!!

なんて思いながら、
小説を書き始めたけど、
1行書いたところで、搭乗時間……。








機内にて。
雑誌の中に、
去年エリがくれたアイマスクが載ってて、
嬉しくなって思わず、パチリ。







| 19:47 | comments(37) | - | Posted by : LiLy

party party party!





me & hair-make, Michou.

お互いの顔が見えていないのに、同じ顔。
しかも、舌の方向まで揃ってます。w

「やっぱうちら、目指してる方向が一緒だね!(酔)」

 とムダに大盛り上がり。w


me & stylist, yamato.




前日の飲みで、

「じゃ、明日あんた執事ね!!(酔)」

と言ったら本当に、執事ルック!!

やるね〜!!!! しかし、50人位いる会場で、

「うちら、ドレスアップして、浮いてねぇ?(笑)」

「ま、いっか。アハハハハハ(酔)」









 
me & model, sugyon.


「本! お風呂でいつも読んでるの〜♪」

という美女に、

「なに〜! キスしたる!!(酔)」の図。(笑)
 

私たちが待っていたのは、






バースデー

ガールの


こやつ!!



ANNA TSUCHIYA !!!!

















はい。
ビール、
ナイスポジション。w




3/11。この日は、
アンナ&ミーちゃん(Justin Davis)の
お誕生日につき、バースデーパーティしてきました!


ミーちゃんには、
アンティークなシルバーのキャンドル立て&キャンドルセットを。

アンナには、
今月号のSカワに掲載中の、アンナに書いた女の友情コラム&
アンナの写真をポスターにして、木のフレームに入れたものを。



アンナ「おぉー! この題名、自画自賛じゃー(酔)」
Michou.「オレがメイクしたー!二次使用料くれー(酔)」
私「うるせー(酔)」

と、盛り上がり、

2次会は、カラオケで、大勢で暴れました。



もちろん歌った、nirvana.

spiritは永遠に、teenですから!






ポスターには、言葉を入れたよ。



お誕生日、おめでとう!




そして、誕生日のこの日、
アンナのリミックスアルバムの発売日!

是非、ここチェックしてね!
オリジナルとはまた違ったミックスが、かなりかっけーよ!
爆音で聴きたい感じ!! 
最近気合い入ってるアンナブログもチェック♪


| 05:26 | comments(70) | - | Posted by : LiLy

アンティーク&ワーク 







デスクを新調しました♪

B-COMPANYのアンティーク家具、
大好きなんだよね〜♪♪

デスクの前に、額に入れた写真や絵を
たくさん飾る予定♪

いっぱい額を買わなきゃと思っていた矢先、
雪の降ったひな祭りの夜に、
うちのマンションの前のゴミ捨て場に、

めっちゃ可愛いアンティーク調の額が
捨ててあった!! それも2個も!

かなり重かったけど、部屋に運びました。

雪の中……。

粗大ゴミシールをはがして、
雪でぬれた額をタオルで拭いて、
私、超満足!!

絵を入れて飾ったら、ブログでお披露目するね。

そういえば、今うちにある白い棚も、
昔、高円寺のゴミ捨て場から運んだんだよな。w

家具に、歴史あり。

どんな人がどんな風に使ってたんだろう。
この家具、誰の何を、見てきたんだろう。

そういうストーリーを想像するもの好きなので、
アンティーク好き、というのもあるな。

単に、見た目が好みってのも、もちろんあるけど。


               *

さてさて、デスクも新しくなったし(?)仕事のはなし。


★6日発売の『S-Cawaii』で、土屋アンナに関するエッセイを書きました。

FASHION MOMENT GIRLFRIEND というテーマ3本立てで、
アンナ的「I make me happy」論を書いています。

★『Voce』次号の「いい男」特集にて、
 "おとこの背中"をテーマにしたエッセイも書きました♪

★こちらはまだ先、4月発売予定ですが、new! セレブゴシップ雑誌に、
 5人のセレブについて、それぞれの「女」エッセイ、5本、書きました。
 これはまた、近くなったらお伝えしまーす。

★4月から、新しい小説連載が始まる予定です。がんばらないと!

★今年の出版予定は、(まだ予定だけど)
 5月に2冊、小説とエッセイ、1冊ずつ出る予定です!
 おー! がんばらねぇと!

★『Flying postman press』で、アンナと対談しています。
 いつも私が記事かいているコラムなんだけど、今回は
 インタビューしてもらいました。
 ココから読めるよん♪





友達が送ってくれる本屋さん写メール♪
(渋谷ツタヤのは、自分で撮ったけどねん)

渋谷。三茶。
←は、大阪! 

嬉しい。本当に、嬉しいです。
本屋のスタッフさん、ありがとうございます!

おかげさまで、

★先月、「おとこシリーズ」3冊同時にまた重版がかかりました!
 本当にありがとうー! mixiニュースにも出ていて超びっくりした!
あと、メール問い合わせが多かった、
「さいごのおとこ」で履いているサンダルは、Givenchyのものです。

★「In bed with LiLy」もまた重版かかりました! 
  ありがとうございます!!!

読者のみなさん、本当に本当にどうもありがとう!!

            
もう3月! あっという間だね。
がんばりましょー!!!

(↑自分にいってる。最近、私、寝すぎ…)。


                *



先週末、大学の仲間が遊びにきてくれたよー。
結婚祝いに、とペアバスローブをプレゼントしてくれました。

ミカモモチカマリサありがとー♪

ps

ここ4か月、同じ髪型ですね、私。
ダーリンが、アップが好きだというもので。
けっこうシンプルな女ですね、私も…。

| 06:43 | comments(55) | - | Posted by : LiLy

you are the one




夫と出会って、4か月。


お祝いしようと、ふらっと入ったレストラン。
夜中の新宿。
ブラックライトに照らされる水槽の中に、
ニモがいた。

「もう4か月も経つんだ。濃厚だったね、すごく」
「でも、まだ、4か月しか経ってないんだ」
「ダーリン、うちら、夫婦なんだよ。ウケない?」
「ウケる。俺ら、夫婦なんだ。結婚って、最高だね」


私たちは、
仕事している以外の時間、すべてを使って一緒にいる。

昼に起きて、一緒に近くのカフェでランチして、
彼が事務所にいって、私はデスクに向かって、
夜中を過ぎて彼が帰ってきて、私のその日書いた原稿を読んで、
彼が「これはプロの仕事だ」って誉めてくれたり(喜)、
「最後がかなり微妙」ってディスってくれたり(怒)してから、
深夜2時。クラブ行って一緒にベロベロになって踊りまくったり、
中華料理屋でケンカして引っぱたき合ったりしたり(?)、
コンビニで仲直りしてキスしたりして、平日を過ごしている。

それでも全然足りたくって、
「早く早く週末に! 」ってお互い思いながら、
「うおー、やべぇ、〆切りが! 」ってお互い言いながら、
仕事をする、月曜から金曜日。


そして、金曜の深夜から、週末がはじまった!
と思ったら、
あっという間に、月曜日の朝がきてしまう……。


止めてしまいたいような時間が、流れてゆく。
でも、そうして流れる時間が積み重なることで、
私たちを、もっともっと夫婦に、してくれるのかな。




「夫婦は、辛いことを一緒に乗り越えることで深くなる。
楽しいことを共有するのは、誰とだってできるから」

ニコール・キッドマンがVOUGEのインタビューでそう答えていた。
それは、本当だと思った。この4か月、たった4か月だけど、
私たちはある試練を一緒に乗り越えなくてはならなかった。

その時、彼は私に百合の花をくれて、
「最後のツボミが咲いたら、ゆりは元気になるよ」って
言ってくれた。

咲いた。

心のしんどさは落ち着いて、私は元気になった。

あなたがいてくれれば、
私は何があっても大丈夫だと思うよ、ダーリン。

結婚して、というよりも、彼と出会って、
私はすごく、自由になれたと思う。

今まで、自分の手で、自分の頭の中に、
がむしゃらに立てていた”人生プラン”みたいなものから。

”何歳までにコウしてアレしてアアなって”
って、勝手に計画を立てては未来に対して焦りまくっていたから。

今は、すごく穏やかな気持ちで、
”今”を、”今日”を、心から楽しめている。

だって、計画通りにいくことなんて、そうないもの。
仕事に関しては、今も計画魔(?)だけど、でも、
人生に関しては、計画たてて掴めるものじゃないって、
この突然の出会いと結婚で、分かったような気がする。

私はズボラなのにやっぱりA型で、
コントロールフリークなところがあるんだけど、
今は何もコントロールしたくない。
たとえば、
「何歳までに絶対に子供を産む! 」とか、
生まれて初めて、思わない。
子供のころから人生グラフを書くのが趣味だった私にとって、
そんなの、本当に初めての感覚なんだ。

彼がいれば、何もいらない。

だからすべて、自然の流れに任せて、
この人生の流れの中で、ゆらゆらと揺れていたい。

             ***





「溶岩浴?なんでよ、アゲハ行こうよ。
 オレは、癒しより刺激が欲しー!!!」

とぶーぶー言いながら、
溶岩浴に付き合ってくれたダーリン。w

「あちーよ。これ、死ぬ(笑)」の写真。






「アリーナ〜!!元気〜〜??」
「イエ〜〜〜イ!!!! みんな、ありがと〜〜!!」

とカラオケ、ライブDVDバージョンで叫ぶ、
ライター(27)と歯科助手(28)。

撮影を頼まれながら、

「まだ、ギャルっていたんだ…」と呟くダーリン。

「とかいっちゃって、嫌いじゃないでしょ? 」
「うちらのライブ観れて、ほんとラッキーだね〜」

とうちらに散々言われた上に、会計も担当するダーリン。w

しかし、ギャルっつっても、生き残り。
ライブの曲は、「Feel like dance」。(爆)。




                ***




 結婚しても、何も変わらない。
 ただ、もっと、自由になれた。

 それはあなたが、
 ありのままの私を愛してくれるから。


darling,
 you are the one.

i love you so much.
 i give you my all.

       xoxo Yuri.
 




| 16:45 | comments(58) | - | Posted by : LiLy