LiLy プロフィール
コラムニスト/作家
1981年11月21日生まれ
神奈川県出身
上智大学外国語学部卒
2004年 J-WAVE
ナビゲーターオーディション優勝
LiLy リアル
powered by ログピ
最新エントリー
Recent Comments
Archives
Feed

こんなにカッコイイラッパーが日本にいたなんて!!!

音楽ライターの師匠、柾虎氏に教えてもらいました。

まさかここ、日本にこんなにカッコイイMCがいたなんて!!!
昨日まで彼の存在自体知らなかった私・・・。
こんなんでライターやってたなんて、ほんと、恥ずかしいです。

↓↓↓彼のPVをみてカッコイイ気分に浸って下さい↓↓↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=iegH_5fWWUo






























TAKまじやべー!!!!
ファンになったので、MIXIのCOOL TAKコミュにも参加しました。
早く新作でないかな〜(爆)
| 14:43 | comments(28) | trackbacks(158) | Posted by : LiLy

ねみくなるかんけー



週末はついつい寝すぎちまう。
だって恋人が隣にいるからね。

恋人は日曜日しかお休みがないから、
平日は、
夜「あ、もう寝ちゃった」
朝「あれ?もう仕事いっちゃった」
という訳であんまりくっついていられない。

3年と4ヶ月目のピースだね。
とてもピースフルで眠くなる。

だって
口あけて寝てるとこ見られても平気だし、
ずっとスッピンでいてもいいんだし、
ダサければダサいだけ、愛おしいし、

かっこつけなくていい場所なんて実はとても少ないから私は安心しちゃてあくびちゃん。


子犬同士みたいに
コドモのきょうだいみたいにじゃれあって
それに疲れたら寝ちゃう
起きたらお茶漬けたべて
くだらないTVみて
コインランドリーに洗濯しにいって
低レベルなギャグ言い合って笑って
日曜日がおわってく


でも
だらだらしすぎた週末の後は、
きまってちょっと落ちる・・・。


はぁ
世の中にまた置いてかれた・・・って。


でも
今あたしの可愛いひとは
洗い立てのピンクのシーツの上で
赤ちゃんみたいな顔して眠ってる



幸せだから、ま、いっか。



| 05:15 | comments(25) | trackbacks(99) | Posted by : LiLy

一生青春主義。





























↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ちょうど6年前の私とKAORI。
(そう。18の私は今より8キロ太ってたわ。)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








































去年の私達。(落ち着くどころか過激化。w)





いつまでも
青春を引きずって、
好き勝手楽しく暮らしていても、


いいのかしら?

いいわよね!?

ずっとずっと楽しく生きたいからね。


そんなことを思ったのは、
KAORIの25歳のバースデーだったから。

24歳と25歳、なんだか全然違うじゃない?
響きも、意味することも、なんか全部。
なんか、正真正銘のオトナになっちゃったって感じ。
まだコドモだからって逃げるところがなくなっちゃった感がある。

同じ小学校で同じクラスにもなったこともあるんだけど、
16歳の時、通学中の電車の中でKAORIが、

「ねぇ、今日の放課後ひま?カラオケしない?」

って私に言ったのが切っ掛けで急接近したんだ、私達。

その時KAORIは学校のことで色々悩んでいる時期で、
他校生の私を誘ったんだった。
私も中高一貫の学校に急激なマンネリを感じていて、
他校生のKAORIと仲良くなりたい!って思ったんだった。

で、それから毎朝同じ時間に駅で待ち合わせして、
同じ時間の電車に乗って、途中まで一緒に通学してた。

週末には、わざわざ電車2回も乗り換えて渋谷に通った。
ハイビスカス頭につけてセンター街を歩く、という目的のために。ww

高校卒業してからは、
一緒にバイトがしたくって、一緒に面接行って、
毎回どっちか片方が落とされて、なかなか実現しなかったりね。w

二人で同時に最大級の失恋をした19歳の夏は、
宇多田のオートマティックを、

「7回目の着信で、電話をきられる俺〜♪
 着信で俺だってバレちゃったから〜♪
 せ つ な く な〜るよぉ〜♪」

なんて自虐的リリックに替え歌して笑って
傷を癒そうと試したりね・・・。ww

洋服の貸し借りでモメて喧嘩したりさ。w

色々おばかな青春したわけさ。

そんなKAORIが私より一足先に25歳になって、
なんかしみじみしちゃったよ。

ソックタッチを貸し借りしていたあの頃から、
もう約10年も経っているんだもん。
経った時間と同じ重さの思い出を共有しているなんて、
すっごい嬉しいじゃない。

それに、私達今でも青春まっさかりなんだもん。
髪染めて肌焼いてプリクラとってカラオケしてクラブいってって。


ただ、恋愛中心だったうちらのガールズトーク。
いつの間にか、仕事中心になっていた。
いつもお互いの仕事について真剣に語り合う。

自己実現の手段としての仕事だから、
色恋沙汰なんかより、
よっぽど大事だったりする。


これからも、お互い、
青春しながら”美しく”仕事しようね。
ハニーの活躍、応援してるぜ!!

HAPPY ★25★BIRTHDAY!!



お互い50歳になったらさ、
笑えるおばかな思い出が、
今よりも何倍にも増えるんだ。
そう思うとさ、
50代のうちらのガールズトークは何日間オールしても足りないね。w

私、思い出話って大好きなの。
「あの頃、ちょ〜楽しかったよねっ♪」って。
過去の話をしていると、タイムマシーンに乗った気分になるから。

でもね、それは、
「今も、最高に楽しいよね〜♪」って、
言えるから。

そして、
「未来も、すっげ〜楽しみじゃない?」って、
ワクワクできるから。

だから、
一生青春主義。


PS 50歳でもプリクラとるのかな?w
  もし50になってもこのブログやってたら、
  そのプリクラ、堂々とアップするよ。w
  
| 21:14 | comments(31) | trackbacks(250) | Posted by : LiLy

2人きりになるための口実の海。

あたし、小学校4つも行ってるのね。

横浜(神奈川)→流山(千葉)→藤代(茨城)→NY(アメリカ)

中学も2こ。

NY→筑波

高校も2こ。

筑波→FL

大学は1こ。

東京

そんな風にあっちこっちに飛びながらも、
7才の時からずーっと一緒に育ってきて、
今でも何も変らず親友してるのが、ちえちゃん。

ちっちゃい時からの仲だから、
いつまでも”ちゃん”付けで呼び合ってるんだよね。w

そんなあたしのちえちゃんが、
2年前仕事で九州に行っちゃって、
なんか色々あったみたいで、
突然、地元に戻ってきたの。


だから、あたしも即効帰った。
ちえちゃんと一緒にうみいった。
なんか、ただ、2人きりになりたくて。


ちえちゃんの車、テープしか聴けないでやんの。
だから実家から、中学ん時聴いてたテープ引っ張り出してさ。

大洗までドライブ。




「やばーい。Charaだよ、これ。なつかしーよー」
「こ〜いび〜とは、も〜こない♪じ〜だい〜はもう、もどらな〜いよね♪」
「ねーねー○○君覚えてるでしょ?」
「あーそれ中2!初彼でしょ?」
「あのグループ交際、なつかしーーー」
「あの時あんた△△君とキスしたっけ?」
「してないよーほら、初キスは××君だったじゃん!」
「そーだそーだー!!懐かしい名前〜〜!」
「そういえば、あのうちらの初マッドラブ、覚えてる?」
「キャー!
 初Hの時あたしに電話で報告してきたよねー
 あたし、そん時カラオケ中だったんだよねーびっくりしたの覚えてる!」
「そうそう!嬉しくってねぇ、まず電話したんだから」
「あの頃さ、友達ん中で誰が一番先に
 ロストバージンするかでいつも盛り上がったよね」
「ねぇ、あの頃のみんな、そういえばもうみんなバージンじゃないねぇ」
「だねー」
「なんか さみしくない?もうその話題では熱くなれないなんてさ」
「そう考えると、あれから、色々あったんだね〜」
「恋、いっぱいしたねぇ」
「だねぇ」
「うちら今年、もう25だってよ?」
「しんじらんないね〜」
「だって、7歳の時からうちら、全然かわってなくない?」
「性格ってぜ〜んぜん変らないもんだね。」
「ただ、一回のキスが大事件じゃなくなっちゃったかなぁ」
「もうディープキスの話題じゃ、燃えられないねぇ(笑)」
「あの時、うちらそれで何週間も話してたよねぇ。わっけ〜!(笑)」






あっとゆーまに、海ついた。
































おかえり、ちえちゃん。

















| 05:32 | comments(30) | trackbacks(94) | Posted by : LiLy

歌舞伎町とエロ漫画と料理束縛。

今、朝の6時。

まだ恋人が帰ってこない。

今日は彼の方が朝帰り。

楽しんでるかしらん♪

たまに恋人も仕事仲間と朝まで飲みに行く。
それってすごくいいことだと思う。
彼には彼の遊びがあって、
あたしにはあたしの遊びがあることって。

あたしばっか友達と遊んでるとちょっと申し訳なくなるし、
どんどん彼にも友達と遊んでもらいたい♪

女同士しか分からないツボってのがある様に、
男同士でしか笑えないポイントってのもあるだろうからね。

恋人同士、お互い絶対第一優先主義って、やじゃない?
マンネリ化が急激に加速しそう・・・。
どんなに近い存在でも、ちょっとした「他人感」は残して置きたい・・。

例えば、今彼が何してるか分かんないじゃない?

そのほうが、ドキドキする気がする。
まぁそれは、完全な信頼があるから、安心してるから、なんだけどね。

でも、趣味=恋人ONLYって、あたしは駄目だ。

だからね、もしあたしが男で、
仕事から帰ってくるのを妻に
ひたすら家でじーーーっと待っていられたり、
友達と遊んできて帰ってきて、
正座してずっと帰りを待っていられたら、、、

逃げたくなっちゃうかも。。。

だから妻にも外出て欲しいし、
友達と遊んできて欲しいし、
毎晩ご飯作って待ってないで欲しい・・・。
だって、そしたら友達と気軽に外食出来ないじゃん・・。

って!あたしってば最悪な夫みたいかな?

でも料理の束縛って、あると思うんだよなぁ。
頑張って作って食べてもらえないのは傷つくし、
「今日は家で作って食べよっか」って約束した日だけ・・
みたいなのが理想。
まぁ、赤ちゃんがいたり、節約しなきゃいけなかったら、
そうはいかないのか。。。
そうだとしたら、結婚、子育て、、未知の世界だぁ。。。



今、恋人と同棲してるけど、
お互い料理しないので、
食事はその日その日、
家にお互いがいたら一緒に
何か買ってきて食べる
OR
食べに行く
OR
ピザ取る が基本。

友達に「え〜!彼氏かわいそ〜!」
と、たまに言われるけどさ。
家賃も半々だしフェアな関係のあたしたちが、
これまたお互い料理しないもんだから、
とってもフェアなもんで、
料理の束縛とも無縁なため、
上手くいってまっせ。

料理に興味はあるんだけどね、
もっと仕事が楽になって、
余裕が出来たらやってみたいな、くらいかな。
でも、あんまり食べ物に興味がないんだよね・・・。
美味しいものがあれば嬉しいけど、
それをわざわざ探そうという情熱はない。


ま、話題がずれたけれども、
今日はあたしもあたしで出掛けてきたよ。
歌舞伎街仲間のMちゃんと、
いきつけのマンキツへ・・・。

桜沢エリカの漫画を4冊と、岡崎京子1冊、内田春菊1冊、
男の人が描いたエロ漫画を3冊ね。

3時間で。
漫画速読家よ、あたし。

男の人が描くエロ漫画って、さ、ほんと、なにあれ?w
「ふたりエッチ」って漫画読んだんだけど、
処女&童貞カップルが結婚して、そこからHを極めていく・・
って設定なんだけど、ところどころに童貞の方用の
”解説付き”なのね。

で、ブラのフックのはずし方、とか
女のおっぱいの種類、まで書いてあって、
それはちょっと面白かったしいいんだけど、
何がいやだったかって、
その漫画家先生の、童貞諸君に対する
変な”優越感”が気持ち悪かった・・。

深読みしすぎ?いや、確かにあったぞ、優越感!

ま、そんなこんなで久しぶりにマンキツの後、
歌舞伎町をちょっくら歩いたのね。
盛り上がってたよ、歌舞伎町。

ネオンぎらぎら、
トランスがんがん、
ホストわんさか。

Mちゃんが、ドンキで買い物があるってゆーから
付き合ったら、怪しいコーナーに入ってくし・・・。

ねーねーご飯食べてから帰ろうよーってわたしが言うと、

Mちゃん、ちょっと待ってね、と同棲中の恋人に電話。
彼がおきてることを確かめると・・・

「ごめん。さっきのエロ漫画読んで、
 したくなっちゃったんだよね
 ローションも買ったし、家かえるわ。」


「・・・・・。(笑)」

Mちゃんって、さすがだわ。
しぶしぶあたしは3時に帰宅。w

久々に
ホスト×ホストにはまる女子
の様子も目撃したし、
原稿でも書きますか♪

おっと、Mちゃんからメール。

「帰ってくる間に○○寝ちゃってたんだけど!最悪!」

プッ。w

PS
Mちゃんと○○君は今月、籍を入れるそう★
いつまでも過激でホットなお二人でいてくだせー。



って、うちの恋人遅いなぁ・・・。


(ちょっと心配)



喧嘩に巻き込まれたとか?
酔っ払って吐いてるとか?

                
(とっても不安)


心配だから起きてじーっとまっとこっと。

(↑即効言ってること矛盾。w)


| 06:39 | comments(21) | trackbacks(155) | Posted by : LiLy

女の子と赤ちゃん

トウキョウのど真ん中にあるのに、
フランスの森の中にあるみたいな、

不思議なレストランに行ってきた。
そこには素敵なママがいた。

誰にも教えたくなくなるような
隠れ家みたいな場所、初めて見つけた気がする。
しばらくは本当に誰にも教えないんだ。w


ここは、前々から、
XIGNライター仲間のミックス(本職はアパレルのプレス)に

「ほんと、ヤバイから!
 邪気が一切ない空間なの!
 姉さんとリリー、
 絶対合うから!」

と誘われていた場所。
ミックスはね、お互いびっくりする位、合う女。
年上で27歳なんだけどね、価値観だけに留まらず、
中学生の時に聴いてたジャンルが
スイーデェィッシュポップスってとこまで合うの。w
間接照明と蛍光灯の明かりのあらわす世界の違いなんかについて
マジで語り合うようなオカルトな関係。w
(ちなみにうちら、岡崎京子的世界が好きなの)
なんていうか、頭いいの、ミックス。

そんなこんなで、
XIGNの打ち上げも兼ねて、
ミックスとディナー。
レストランが終わってからは、
その姉さんと、シェフの男の子と、
お酒のみながら
四人で朝まで、
濃厚な会話。

ガールズトーク、
なんて軽い感じのカタカナじゃ表せないくらい、
深い女の話よ。

姉さんは4歳の娘がいる。
心の底から、全身全霊で娘を愛してる。
娘のこと、子育てのこと、
母親になるってこと、女ってこと、
話すときに彼女が選ぶ言葉、1つ1つから、
娘に対する底知れぬ愛情がヒシヒシと伝わってきた。

お母さんになるってこと。
子供が、人間が、自分の中から出てくるってこと・・・。
そんなも、神秘的なことって、この世にあるだろうか?

妊婦は、「幸せ」の形の完成体。

姉さんはそういった。
あんなにバランスのいい形はないって。

女は、赤ちゃんを生むことで、
2回生まれることができる。

娘としての自分の人生を清算して、
母としての自分の人生を始められる。

だけど、もちろん娘として生きた自分の人生が、
モロ、母としての自分の人生に反映されたりする。

お母さんのお母さん、おばあちゃんとお母さんの関係が、
お母さんとあたしの関係に影響を及ぼして、
それは、あたしと娘の関係にも影響を及ぼす。

女から女へ、受け継がれる歴史がある。
いい部分も、わるい部分も。

お父さんも弟も決して分からないお母さんの空気を、
娘は読む。どんなに幼くても女の子は空気をスラスラ読む。
男の子がボケーと鼻くそほじくってる間に、
女の子はお母さんの中の感情の変化に気付いて、
どうやって助けようか、なんて考えたりしてる。

だから女の子は、そういう面で、男の子よりも傷つきやすい。

女の子を女が育てるのは、
喜びが大きい分とても大変なんだなぁ。
娘を持つ姉さんの愛情を、
子供がいない私が共感することは出来なくても、
完全に理解できるのは、
これはもう女が持って生まれた愛という名の本能なんだろう。

シェフの男の子はジーッと黙って
女三人の話を聞いていた。

「だって、何もいえないよ、生めないもの」

「でもさ、自分の子供を他人である女が産んでくれるなんて、
 それもとても不思議で、すごく感動することなんじゃないかな?」

「そうだね」


赤ちゃんがいつか私のもとにもやってくるかな?
赤ちゃんに恵まれない場合もあるから、
怖いな。絶対に生んでみたいから。

お母さんになること。

それは、私にとっては、
他のどんなことよりも、夢。

仕事で大成功することとか、
リッチになることとか、
赤ちゃんを生むことに比べたら、
すんげー小さいことの様な気がする。

赤ちゃんて、無条件にお母さんのことを愛す。
だから、
お母さんに愛されたくて愛されたくて愛されたくて、
そのためだったら何だってする。




「娘はね、
 全身で、
 真っ白なココロで、
 あたしにぶつかってくるの。
 愛してるよ!!!
 愛してる????って。
 だから、
 あたしは娘にいつもいつも言う。

愛してるよ
愛してるよ
またちょっぴり大きくなってくれてありがとう
あたしから生まれてきてくれてありがとう
大好きだよ
大好きだよ
 
       ってキスをする。」



姉さんにやられたよ。

また朝帰りしたら、朝、恋人がちょっと不機嫌だった。w

「でもね、でもね、すっごいいい赤ちゃんの話してきたよ」
「???」
「赤ちゃんの名前だけど、○○にもう決定してるかんね」
「だから、○○はやだってば」
「ん〜ん、絶対に○○。」
「だって女の子って分かんないじゃん」
「ん〜だから、男の子だったら△△だってば」
「だから△△もやだってば」
「ん〜ん、もうきまちゃってんだもん」

でもね、何がもう決まってるかって言えば、
あーたの赤ちゃんが生みたいってことだよん♪

ま、それまでは、
朝帰りはやめられないけどね♪
男の貴方をどんなにどんなに愛しても、
分かり合えない女同士の”共感”ってもんがあるんよ。
それを語ってると朝になっちゃうのは仕方ないのさ。

あぁ、お母さん、これ読んでるでしょ?
愛してるよー!
姉さんに、あたしのお母さんへの愛情について、
「リリーってゲイの男の子っぽい」って言われた。
ゲイの男の子って、女おんなしてる。
あたしも、かなり女が濃いんだよね。

遺伝と歴史ね。
お母さんも女、濃いもんね。


| 05:52 | comments(23) | trackbacks(43) | Posted by : LiLy