LiLy プロフィール
コラムニスト/作家
1981年11月21日生まれ
神奈川県出身
上智大学外国語学部卒
2004年 J-WAVE
ナビゲーターオーディション優勝
LiLy リアル
powered by ログピ
最新エントリー
Recent Comments
Archives
Feed

★Tokyo Dream★in stores★

★    

          ★

                     ★


           Tokyo Dream




         ★                 

                   ★














本日、発売です。

アマゾンはこちら


感想メールがぞくぞくと届いていて、
とてもとても嬉しいです★

ブログや媒体で紹介してもOKよ!という方は、
また承諾メール頂けると嬉しいです!




                          ★



| 15:06 | comments(78) | - | Posted by : LiLy

SWING MY WAY!






本を書き終えて、
燃え尽き症候群。

今までひきこもって仕事していた反動で、
外に出て遊びたくって仕方がない!
それでも仕事は継続的なものだから、
日々締切がやってくるわけでして、
ハァ。

ストレス発散!って
週末はクラブで踊りまくったけど、
ぜんぜん足りない。

今までどうやってストレス発散してたっけ?
って考えてたら、頭の中に流れてきたのが↑の曲。

18さい、フロリダの高校通っていた頃、
これを爆音で聴きながら高速をぶっとばしてたなって思いだした。

ヤシの木と海に挟まれた、フロリダのハイウェイ。
今思うと、なんて生意気なガキだったんだろう。
おんぼろのスポーツカー乗ってたけど、
今考えると贅沢すぎる日々。

あと1か月で27さい。
自分への誕生日プレゼントに、
車を買おうかなと考え中。


欲しい車は決めてる!






チェロキーの赤! 
中古で全然いい!


って車より駐車場代の方がキツイんだけどね。
でも、月々の支払が増えた方が、
仕事へのモチベーションが上がる気がするし。


買っちゃおうかな。どうしましょう。迷います。



でも、夜中に、ひとりで、爆音の中で、ドライブがしたい。


助手席とかじゃなくて、自分の車を自分で運転したい。

やっぱり、自分とのマンネリは、自分で打破してかないとだね。


PS Tokyo Dreamに対してのコメントたくさん、どうもありがとう!
  今日、出版社にベイビーが届くらしいので、私もワクワクしてます。
  燃え尽きるくらいの情熱を注いだので、どうか受け取ってください★









| 07:03 | comments(53) | - | Posted by : LiLy

新刊『Tokyo Dream』 夢は必ず、現実に変えてやる! 





『Tokyo Dream』



    
                      LiLy


                                                                  













Art by DONA
Picture by Chizuru Abe



                





Introduction
 (本文より)


大きな夢をみることを時代に許されながら、私は育った。
信じ続けていれば夢は必ずかなうものだと、皆が言った。


 1981年生まれの私は、バブルを生きる大人たちの背中に自分たちの
キラキラとした未来を透かし見ながら、小学生時代を過ごした。中学
1年の時に大ヒットしたアムロちゃんの『Chase the Chance』を聴いて、
いつの日か私も大きな夢を追おうと決意し、高校時代に身につけた
“目立ってナンボ”なギャル精神から、“将来の自分”という題の
妄想を更に派手に味付けしていった。

 2001年。遂に20歳! 今まで温めすぎて、はち切れんばかりに
膨らんだ野望を胸いっぱいに、いざ、憧れの街、東京へ! すると、
あれ……? 世の中は不景気、真っ最中。子供だった私に、「夢は
大きく! 」と微笑んでくれていた大人たちは急に手の平を返した
ように、「現実を見ろ! 」と眉をしかめた。

大きくなりすぎてその輪郭さえハッキリしない巨大な夢と、
大人になったことで目にくっきりと映り始める過酷な現実。


 そのはざまで、どんなにもがいていても、たとえ溺れ死にそうに
なっていたとしても、東京プライスの家賃だけは毎月しっかり
やってくる、TOKYO DREAM LIFE。ひとり、またひとり、と地元へ
帰ってゆく友達を見るたびに、東京にしがみつこうとする私の両手に
力が入った。銀行の残高が0になった時が、私がここを去る日となる。
そう思うと怖くて、私はバイトを3つ掛けもちしてガムシャラに働いた。
意地でもしがみついてやる。だって、私は信じている。
この街には、私が探しているチャンスが必ず転がっているはずなんだ。

 住み続けるだけでも精一杯な東京での日々は、猛スピードで過ぎてゆく。
一向にカタチにならない夢に、焦れば焦るほど、自分がこの街で
何を探しているのかさえ見失いそうになった。何もかもがあっという間に
移り変わるこの時代に、この街に、置いてきぼりを食らわないようにと
走れば走るほど、息が切れて、苦しくて、涙がでて、
どうしようもないほどの孤独を感じた。

大きな夢をみればみるほど現実に裏切られ続けるのは何故。
信じ続けていれば夢は必ずかなうなんて、嘘ついたのは誰。


 ビルとビルのあいだの小さな空を突き破る“高い理想”から、
路地裏のコンクリートに位置する“現実”まで一気に突き落とされて、
知らぬ間に高くなっていた鼻を何度もへし折られた。そのたびに、
あまりの悔しさに、惨めさに、耐えられなくて震えた。自分に夢が
あることすら恨めく思った。夢さえなければ、こんな辛い思いをせずに
済んだのに…。何かで成功したいという野望さえなければ、平凡な日々を
今よりずっと幸せな気持ちで過ごせていたかもしれないのに…。
そう思って泣いた夜は数え切れないけれど、それでも私はやっぱり、
夢をみることをやめられなかった。絶対に諦められなかった。
自分の将来に大きな夢をみた、子供のころの自分の期待を
裏切りたくなかった。昔の自分が今の自分へと課したノルマからは、
どうやったって逃げられるものではなかったのだ。

 夢がある以上、それをかなえる以外に幸せになる術はない。だから私は、
夢をあきらめない代わりに、いらないプライドをすべて捨てた。過去の
自分が未来の自分に望んだ幸せは、今の自分が、掴むしかない。子供の
頃、目をつぶりながら、小さな胸いっぱいに膨らましていた夢は、
大人になった自分が、目をカッと大きく見開きながら、
ひとつずつ現実に変えてやる。

夢は、リアリストにしかかなえることができないもの。
私は、夢見る現実主義者となり、東京で、旅を続けた。



  2008年。ラジオDJを目指して、茨城から上京して7年。
もうすぐ27歳になる私は今、東京で、作家としてコラムや小説を書いて
暮らしている。この本は、私の7冊目の著書として、今、どうしても書き
たかった物語。ずっと書き続けていた日記をもとに、私自身の、19 歳
から今日までの夢の軌跡を追ったノンフィクション。

 DJとして初めてJ-WAVEのマイクの前に座ることができた、あの春。
ライターとして雑誌に初めて記事を書いた、あの夏。企画が採用されて
初めてのコラム連載を持つことができた、あの秋。1冊目の著書を出版
できた、あの冬。自分を作家と自称していいと思える小説を、やっと
書き上げた、あの年末…。
 
  すべての経緯を、感情を、生々しく鮮明に覚えている今、届けたかった。
本という箱の中に閉じ込めたエネルギーを、同じ時代を生きる、
旅仲間たちへ。


ニューヨークを2位におさえ、世界一の人口を誇る大都市、東京。
その中で、自分の夢を探し、見つけた夢をかなえるまでの、物語。




                ★



幻冬舎より、10月25日に発売決定。






| 22:33 | comments(75) | - | Posted by : LiLy

窪塚洋介と卍LINE





大ファンです!!

彼を知ったのは、池袋ウエストゲートパークのキング。
それから「GO」、「Loundry」、「ピンポン」、
「凶器の桜」などの映画も観て、彼の才能に心が揺さぶられた。

先日お亡くなりになった緒形拳さん
(心からお悔やみ申し上げます)
渡辺謙さん、役所広司さんなどもそうだけど、
『目』で演技をする役者だと思った。

”人の心や感情は目にでる”とはよくいうけれど
物語の中の主人公を演じるうえで、
他人であるその人物の感情を、目に宿せる役者って、
実はそう多くはない。

『役者、窪塚洋介』をみて、
同世代で、恐ろしいほどの表現力を持った、
なんてすげー人なんだって思った。19の時。

と、同時に私は、
「きゃーー!かっこいーー!マジかっこいーー!!」と
黄色い歓声をあげるファンにもなった。

最近はもう、こういう黄色い歓声をあげちゃうくらい
男性有名人のファンになるってことがまずないから、
こんなふうに熱をあげるのは、彼が最後かも。

(職業柄、年齢、いろいろ理由はあると思うけど、
誰かの才能に惚れたり、かっこいいとは思っても、
この「キャーー!!!」はでないんだよね。なんでかな?
今でもミーハーはミーハーなんだけどね★
そしてまた、「キャーーー!!」が欲しいんだけどね★)

そんな、私にとってのスター、窪塚洋介くんが
卍LINEとしてレゲエのアーティストをはじめたって
知ったときは、心のどこかで”やっぱり!”って思った。

私が世界で一番好きな女優ジュリエット・ルイスも、
ミュージシャン活動をしているし、
表現者としての”何か”を持っている人って、
ひとつのフィールドに収まりきらない場合が多いから。

その”何か”が光りはじめる前にいろんなことを手広くやる
やり方は好きじゃないけど、
ひとつのフィールドを超越した人が、
その才能を別のフィールドでも発揮しはじめる瞬間って、
第三者からみてもわくわくする。

おーっと!次は、何がでてくるんだろ?って。

とにかく、アルバム『卍LINE』聴いてみて!!!
マイスぺでもチェックできるよ。ココ! 

役者、窪塚洋介の『キレてる目』と
アーティスト、卍LINEの『あったかい心』。

両極端のベクトルが、
一貫した強いメッセージ性をもつことで
円を描いてひとつになった。

私はそう思ったよ。


              ***

めっちゃ熱く語っちゃったけど、
今日、GLAMOROUSの取材で対談できて、
幸せだったー!!

自分とは遠い世界の、憧れだった人と、
仕事を通してリンクできた瞬間って、
なんともいえない感動があるね。

もちろん、こんな夢みたいな話が
ある日突然、舞い込んできたわけではなく、
私が、自らちょっと強引に、
ご本人に直撃ブッキングまでしちゃったんだけどさ……。w

HIPHOPとレゲエ。とても近いので、
共通の友達がたくさんいたこともあって、
今回快く出てくれて、卍さんありがとう!!!

GLAは11.7発売号で、夜遊びについて話してるよん。
チェックしてねー。




PS

最近の夜遊び。
ミックスとマイコとmadoラウンジにいったよ。
スタイリスト馬場さんのバースデーパーティ。
(おめでとうございます!!!)
大御所クリエーターの50歳のお誕生日。
ヒルズ54階からの夜景とシャンパン。

「私たち、まだまだヒヨコ。
これから、やってやるぞ! 」って
モチベーションをあげてくれた素敵な夜でした。




| 01:25 | comments(184) | - | Posted by : LiLy

コスメティックス



←ボディスポンジ。かわいくね?


ゆったりスケジュールと思いきや、
ピンポ〜ンと、
原稿チェックのための
分厚いゲラが2冊分届いてしまい、
ばたばたの週末でした・・・。

行こうと思ってた
DONAちゃんの展示会も
いけなかったー。くやしー。

              ***

ビューティスリープ(11時〜深夜2時だっけ?)を
ここ何年もとっていない私は、
その時間、海外ドラマを見ながらひたすらスキンケア。
これにはまっとります。(寝れば?!)



OMのファーミングボディバームは、
超濃厚でしっと〜りするのでオススメ!!
ラベンダーの香りも濃厚だから”全身アロマ”になれるよん。
香りもすべてナチュラルだしね♪
生活はぜ〜んぜんオーガニックじゃないので、
(喫煙者だもん・涙!やめたいです・涙!)
せめてコスメはね!!!w
OMのマッサージオイルも愛用中。
(これ以上スパに通ったら、破産するからね、たまには自分で!涙!)


キャンドルは、編集者MIKAちゃんからの
「空とシュウ、お疲れ様でした」プレゼント。
なんでそんなに優しいの?って聞いたら、
「そろそろ次回作にとりかかってくださいね」と、
アメとムチPLAY! w MIKAちゃん、あなどれないぜ!w
私、次もがんばるぜ! w



この洗顔石鹸!! マジでいいよ!!
6歳からの親友、あっちゃんが開発した石鹸なんだけど、
使ってみて、ほんとうに、すごく良かった!!
泡がめっちゃクリーミーで、洗いあがった後、
肌がキュキュッとひきしまって、ツルツルになる。
感想は、この、一言です。

「さすが、あっちゃん」。

あのね、私、あっちゃんほどの美容マニア、知らないのよ。
小3くらいから、うちにお泊りにくるときに

”my化粧水とmy洗顔石鹸”を持参していた女だよ!!!!

「いったい、何? それ?」

と小3の私はびっくりしたよ。あこがれたよ!!!!!
しかも、その時に、枝毛の危険性とシャンプーするときの
頭皮マッサージのコツまで教えてくれたし。www


そんなあっちゃんが、美容系の会社を立ち上げたのは、
運命だね。彼女の人生を6歳からみてきた私、太鼓判です。

是非、あっちゃんの石鹸チェックしてね★
↑サイトのモデルもあっちゃんだよ。
ちなみに「in bed with LiLy」で書いた
”小1からエロトーク”してた私の相方こそ彼女ですwww

石鹸は、ソニプラやドラッグストアでも買えるようなるみたい★


| 05:36 | comments(80) | - | Posted by : LiLy

どーやって遊びましょうか 




すっかり寒くなったねぇ。
いかがお過ごしですか?

目の心配どうもありがとう。
ばっちり治って元気にしてます!
が!今もたまに例のメガネはかけているよ。w

本も2冊、無事に書きあげて、
ほんとうに久しぶりにゆるめのスケジュール。

今年ほぼずっと、仕事ばっかしてたので
どうやって遊べばいいか忘れました。

いやぁ、仕事と恋人と友達の3両立、
すっごく難しいよね。
あ、プラス親もだから4両立か。
それを最近ひしひしと感じてる。

子供ができたら、、、って考えると、
時間がいくらあっても足りないだろうな。

ママパパさんたち、すごいよ!!!!!!

数年前までは、友達ともほとんど毎日のように
一緒にいたような気がするんだけど、
結婚して子供ができたり、恋人と仕事だったり、
みんな忙しいし自分も忙しいし、電話では、
「会いたいねー。会おうねー。」
と言い合いながら、時間が経つ・・・、みたいな。

ま、昨日も一昨日も友達と遊んだんだけど、
なんだか全然足りないんだよね。
土曜はひさびさにクラブいこっと。

あとあと、みんなは恋人となにしてあそんでる?
うちは、共通の趣味が買い物だから、
ショッピング&ウィンドーショッピングが多いんだけど、
たまに、やることがなくて喧嘩に。。。www

先週末も、買い物デートしたよ。

秋は、1年で一番おしゃれが楽しい!



THREE RINGSのコート。
袖が七分丈なのが気に入って★
冬はこれにロンググローブ合わせて着たい。
ベレー帽はtoo muchで。



昔から大好きなLOVE GIRLS MARKETの。
Tシャツと合わせて最近ヘビロテ。





ユニクロでお揃いのパーカ買ったの!
昼間は別々に、
深夜のコンビニはペアルックで、スタイル。(?)

あとはアメアパのシャイニーレギンスとか、
LEVISのチェックシャツとか古着もいろいろ。


夜は、家でヌクヌクスタイル(?)できるのも
寒い季節の魅力だよねー。

肌ざわりがいい素材のシーツやら毛布やらパジャマやら
スリッパやらを集めるのも、恋人との共通の趣味。
(↑って、これも買い物じゃね?・・・?)

写真の下にひいてあるカーペットも、
肌ざわり抜群!!!!(これ、『ナンバーワン素材』って
彼と勝手によんでるんだけど)FRANCfrancのだよ!お勧め!










11月7日に復刊する「おとこのつうしんぼ」の新装丁だよー!
(※既にでている「おとこのつうしんぼ」と内容は同じ!)


アップでみると・・・




これ、UV加工っていうんだけど、
素敵でしょ?? 
いろんな女の子のいろんな本音がつまっている、
というコンセプトで唇だらけにしてみました。
”毒”入りだから、私の唇だけ黒いの!!w



『Tokyo Dream』も、今月25日発売に決定!!!
次回は装丁&内容をちょっぴり公開するねー★







PS『In bed with LiLy』3刷り決まりましたー。
『パープルレイン』も絶好調みたいで、嬉しい!!

週末に渋谷TSUTAYAの本屋さんにいったら、
数か月前は私の本がズラーッと並べてあったのに、
そのコーナーがなくなっていて、
「・・・私のシーズンは終わったのだな」と
シュンとなったのですが、
調べてみたらほとんどの本が「在庫切れ」。(!)


買ってくれた方、本当に本当にどうもありがとう。
今月、来月と続けてでる本たちも、
めっちゃ気合い入れてつくったので、
読んで頂けると嬉しいです!!!!


| 04:56 | comments(53) | - | Posted by : LiLy